足の指が柔軟に動かせる靴が良い。

足が痛む原因は、靴が合っていないからという原因も考えられます。


例えば、足先にかけて三角形になっているハイヒールなどは、足を痛めてしまう主な原因です。つま先にかけて三角形になったデザインの靴は、女性の靴に多いのですが、デザイン性が高く、お洒落に見える事からも、選んでしまう女性はとても多いです。

しかし、これだと、当然足の指は自由に動かせなくなります。それは、三角形になっている事で、足の指にとって窮屈で、詰まった状態になっているからです。足の指を締め付けてしまう事で、足が痛む原因となっているのです。

先細になっている靴は、通気性も悪く、足が蒸れてしまう原因にもなります。また、外反母趾にもなりやすくなるのも、このパターンが起因しています。

普段使っている靴の影響というのは、とても大きく、足が変形してしまう事にもなるので気を付けましょう。

低めの靴もお勧めです。

高いヒールを好んで履く方は、女性に多いです。背を高く見せる事ができ、足も長く見せる事ができるので、スタイルが良く見えるのです。しかしこれは、膝に負担のかかりやすい靴です。


5センチ以上のヒールは、特に負担がかかり、姿勢も悪くしてしいまいます。

歩いている時に無理が生じるものや、家に帰ると足に倦怠感が感じられるものは、足の健康上良くありません。


足の負担を軽減させるためにも、低めの靴を選びましょう。ペタンコでなくても、普段5センチ以上のヒールに慣れている方は、せめて3センチくらいのものから慣れていくといいでしょう。