膝にいい入浴法

膝の痛みは、温めるだけでも効果があります。膝を温める方法としては、「入浴」が挙げられます。体全体の血行も良くなり、とても健康的です。膝が入浴によって温められると、それだけ膝の血行も良くなり、痛みが和らいでいきます。


入浴する時は、熱めのお風呂よりも、ぬるめの湯をはるようにしましょう。また、膝の痛みに更に効果的なのは、「交代浴」と言われています。これは、「こうたいよく」と言い、冷たい水と湯の入浴を繰り返す事です。これにより、更に血行が促進されるのです。

なぜ入浴がいいか

膝の痛みを強める物質に「サイトカイン」と呼ばれる物質があります。これが膝の関節痛を強めてしまうのですが、入浴する事で、このサイトカインも流れ出ていくと言われています。


入浴自体が、膝だけに関わらず、体全体にも良く、体にたまった余分な老廃物や水分を流してくれる効果があるものとなっています。膝にたまったサイトカインも流してくれるので、入浴で膝の痛みを和らげようと試みるのは、とても理にかなっているのですね。


お風呂でのマッサージ

入浴中は、膝のマッサージをすると、更に痛みは改善されます。膝のマッサージを行う時は、膝の裏の部分も手で揉みほぐす事を忘れないで下さい。膝の表面をマッサージしていく時には、膝を両手の親指を使ってマッサージしていきます。