膝の使い過ぎによるもの。

膝に痛みが生じるのには、複数の原因が考えられますが、もしもあなたが、普段からよくスポーツを行う方でしたら、「膝の使い過ぎ」が原因で、痛みや違和感を抱えてしまうというのが考えらえます。


スポーツ選手で膝を痛めてしまう方も非常に多いです。殆どのスポーツでは、膝に負担がかかってきます。バスケットボール選手などは、膝のバネを利用してジャンプしたりしますし、ドリブルする時には、腰を屈めるので、その分の体重が膝にのしかかります。

マラソン選手など陸上競技を行う方も、膝を痛めてしまうケースが多いです。走る時にも、膝に負荷が加わるからです。スポーツを行う前に屈伸運動などの準備体操を行うのは、膝を痛めないようにするためだとも言えるのです。

加齢による原因。

ぎっくり腰があるように、膝も突然痛む事があります。普段あまり体を動かす機会のない方は、運動不足が原因で、膝関節を痛めやすくなっています。運動不足の方は、日頃から、膝部分を手で揉んだりマッサージを行うといいでしょう。


加齢に伴い、血液も薄くなっていきます。膝に集まる血液が減少していくと、それだけ膝関節も痛みやすくなり、ちょとっとした衝撃で、ぎっくり腰のように膝関節を痛めてしまう可能性が出てくるのです。膝も肩と同じように「脱臼」してしまう可能性もあります。