ひざ痛をお灸で解決する!

ひざの痛みには、お灸治療が良いと言われています。これは本当なのでしょうか?実際に、膝関節の痛みをお灸で克服した人はいるようです。お灸治療は、熱くて痛いというイメージもありますが、膝の痛みは炎症を起こしているので、その部分は熱く感じてしまうのは、自然な事です。


お灸は鍼とは違うので、痛みを感じる事はありません。お灸は強い膝の痛みなどに効くとされています。比較的痛みが強度の場合は、お灸で克服していく事を考えてみて下さい。

なぜお灸がひざ痛に効くか?

お灸は、膝の痛みを感じる部分を中心に、灸を乗せて治療をしていきます。灸は熱いので、当然、炎症を起こしている膝の部分は、余計に熱く感じられてしまいますが、これは普通の事なので、問題ありません。


一番理想なのは、「熱いけれど気持ちいい」という状態です。
お灸は膝が痛む部分を温めて血行を良くしてくれます。これが、膝関節痛によく効くのだと言われています。

お灸治療の進め方。

お灸は、膝が痛んでいる部分にあてる事で効果が発揮されますが、その痛みのスポットではなく、近いところでもいいとされています。
ひざの治療に鍼を使う方もいますが、膝の痛みが強い場合には、鍼よりもお灸が効果あるでしょう。